滋賀(彦根市〜長浜市)おすすめ日帰り家族旅行プラン!

Sponsored Link




行動規制がないGWは、3年ぶり!ってことで、このタイミングで、久しく行けてなかった家族旅行へ行ってきました!
行き先は、滋賀県!主に、彦根市〜長浜市。
GWで色んなところが激混みかなぁ、と思っていたのですが、そうでもなくて、めちゃくちゃ楽しめた!今回の旅のプランは、なかなか良かったのでまとめてみます。駐車場の情報も記載しておくので、どなたかの参考になれば幸いです!

滋賀へ日帰り旅行のプラン

  1. 彦根城へ行く
  2. 彦根城の城下町 夢京橋キャッスルロード&四番町スクエア散策、食べ歩き!
  3. 魚浩(うおこう)」で海鮮丼を食べる!
  4. つるやパン」で丸いパンを食べる!
  5. 黒壁スクエア散策、食べ歩き!
  6. びわこ食堂」でとり野菜鍋を食べる!
  7. 長浜市「あねがわ温泉」でお風呂に入る

以上が、今回の旅程。食べてばっかりの旅でしたww。(たまにはいいよ。と、自分に言い聞かせながら食べまくりましたww)

彦根城は開城時刻直後が狙い目

名古屋を朝6:00過ぎに出発。途中、SAで休憩を挟んで8:00前に駐車場に到着。
駐車場は、「タイムズ彦根センターパーキング」ってところへ停めました。

彦根城から2㎞ほど離れた位置にありますが、最大料金300円!
GW真っ只中でも、終日満車になってなかったし、周辺の交通量も少なくて、渋滞に巻き込まれながら、駐車場探しに無駄な時間を使うってことなさそう。

ここから彦根城の開城時刻の8:30に合わせてのんびりスナップ撮影&散策しながら向かいます。

駐車場から見えてた看板が渋いぞ。学生服のお店だった。

実現したらめでたい!

最寄りのセブンイレブンも瓦葺きでちょいシブ。

この川沿いを歩いてゆきます。暑くもないし寒くもないし、天気も良いし最高! 5月の空気がめちゃくちゃさわやか〜。

川沿いは遊歩道になっていて、小さいお子さん連れでも安心して歩けます。

彦根城へ向かってのんびり進んでゆきます。

まだ営業していない、城下町の「夢京橋キャッスルロード」や「四番町スクエア」を下見しつつ、お城を目指します。

8:30 彦根城に到着!

彦根城に到着!
予定通り開城時刻の8:30に到着しましたが、チケット売り場で少しだけ並びました。チケット代は、大人800円・子供200円。

いきなりこの坂をズンズンと登ります。歩きやすい靴で来るといいでしょう。夏だったら、ここで汗だくになるだろうなw。

天秤櫓(てんびんやぐら)と廊下橋。天秤櫓は、重要文化財に指定されていますが、この日は内部の公開もされていました。

途中で抹茶が楽しめるお茶屋さんもあり〼。

天守閣が見えてきたぞー!!!

入り口では、検温とアルコール消毒も実施されていて、感染症対策もばっちりとられていました。
城内の階段は、めちゃくちゃ急(はしごみたい)なので、女性は絶対にパンツで行った方がいいです。あと大きいバッグを持っての上り下りも危ないと思います。

さすが国宝!柱にも、引き戸にも、床板にも歴史を感じます。

当時の職人さんが彫った跡なのかな。ひつまぶしの器(名古屋人なら分かるよねww。)みたいでかっこいい!

天守には、〈国宝指定書〉が。

天守からは、琵琶湖が一望できます。

反対側からは、今年のセンバツ高校野球で準優勝した「近江高校」のグランドが一望できます。彦根城まで選手たちの掛け声が聞こえてきます。

城内を一周して、お城から出てくると列がめっちゃ長くなっていて、開城すぐに行って大正解でした!

桜の木がたくさん植えてあって、桜の季節には、〈彦根城桜まつり〉も開催されるみたいです。
破風がカッコいい!

楓も結構あって、紅葉の時期もいいかも。春か秋にまた来てみたい。

お堀を周遊する屋形船も気持ちよさそう。公式サイトで事前に予約もできるみたい。お堀から見える彦根城も風情があっていいかも。

馬屋(うまや)も必見。この馬屋も重要文化財に指定されていて立派。しかも規模がデカい!城内に残っている馬家は、彦根城だけのようです。

団子を食べながら、次の目的地バームクーヘンで有名な「クラブハリエ 彦根美濠の舎(みほりのや)」へ向かいます。

10:40 クラブハリエ 彦根美濠の舎

彦根城を後にして、彦根美濠の舎へ到着。さすがはクラブハリエ。すごい人。ここは必須ポイントではないので諦めて、となりの和菓子店「たねや」で柏餅とどら焼きを購入して小休憩。

和菓子店の方は、空いててすんなり入れました。

椅子に座って休憩させてもらいます。なんだかんだ8時に駐車場を出発して、2時間半ほど歩きっぱなしで疲れた。

柏餅をいただきます。あんこのラインナップ〈みそ餡〉〈つぶ餡〉〈こし餡〉。みそ餡が気になったけど、甘いものが食べたかったので、こし餡をチョイス。

11:00 夢京橋キャッスルロード、四番町スクエアで食べ歩き

まずは、〈近江牛のコロッケ〉(130円)をいただきます。
お肉の脂が甘くておいしかったぁぁ!!もっと食べたかったけど、1つでガマンw。

近江牛のにぎり〜!トロ握りと赤身握り。
子供たちは、感動してました。(この旅で一番おいしかったみたい。)

このあと、少し四番町スクエアをぶらっとしました。四番町スクエアには、ひこにゃんが居て多くの人で賑わってました。

11:50 魚浩(うおこう)で、海鮮丼定食

四番町スクエアから、南東に600mほど直進して、お昼の目的地「魚浩(うおこう)」へ向かいます。
四番町スクエアから魚浩までは、商店街を通っていくので楽しいですよ。軒もあるので、雨の日でも濡れずに移動できます。

昼食は、お魚屋さん「魚浩(うおこう)」で、海鮮丼を食べます。
お魚屋さんで海鮮丼って、絶対うまいやん!!!!まだ知られていないのか、お昼の一番良い時間に来店したけど、全然混んでない。穴場ですよ!!

むつとか、ぶりとか、はもとか、めちゃくちゃうまそぉぉぉ!!

ジャーン!こちらが、魚浩さんの海鮮丼定食。これにあら汁も付いて、なんと1100円!!!!

彦根市|「魚浩(うおこう)」の海鮮丼がおいしくて安くて最高でした!

13:10 長浜市 「つるやパン まるい食パン専門店」の昼サンドがふわふわでうまい!

魚浩で海鮮丼を食べたあと、彦根市から長浜市へ移動。特に渋滞に巻き込まれずに、20分ちょっとで、次の目的地「つるやパン まるい食パン専門店」に到着。
お店の前には行列が出来ていましたが、想定の範囲内なので並びます。

20分くらい並んでかな。無事にゲット! めちゃくちゃしっとりふわふわで並ぶ価値ありますっ!!もっと食べたかったぁ。

長浜市|「つるやパンまるい食パン専門店」の昼サンドが感動するほどおいしくておすすめです!

14:10 黒壁スクエアを散策

黒壁スクエア」を散策するなら、豊公園駐車場を利用するといいです。豊公園駐車場は、なんと3時間無料。

駐車場からのんびり歩いて黒壁スクエアを目指します。

黒壁スクエア周辺は水路と古い建物があって、雰囲気がとても良い。

なかなかの人出で賑わっていました。コロナ禍になる前の5年くらい前に来たときと、変わらない印象。このまま収束してほしい。

途中で金平糖を買ったり。

写真を撮ったりしながら、ぶらぶらとしました。

大通寺」という、立派なお寺に遭遇。門が立派すぎてビビります。

お邪魔します。

本堂の障子がとても印象的。切り絵作家の方の作品のようで、本堂の外からはもちろん、中から見ると外からの光で、絵が浮き上がってきて圧巻です。ぜひ、見てほしい。

お寺も建物自体も立派。

門の向かいには、わらびもちドリンクが人気の「甘味処 鎌倉」があって、行列ができていました。ここは、ずっと食べっぱなしってのもあって、スルーすることに。

便利なスポット「えきまちテラス 長浜」

たまたま立ち寄った「えきまちテレス 長浜」が観光に便利!長浜駅に隣接しているので、アクセス抜群!
レンタサイクルを利用して、自転車で散策も良いですね。

チョコレート専門店があったり、ちょっとした休憩にちょうど良い。

コンセントやフリーwi-fiが使える無料休憩スペースもあって、観光客にはありがたい。

17:20 「びわこ食堂」でとりやさい鍋を堪能!

混む前に!と思って少し早いけど、17:20に「びわこ食堂」へ到着。

名物のとりやさい鍋を食べます。この山盛りの白菜を15分ほど火にかけると。

こうなります。この味噌がめちゃくちゃうまいです!

長浜市|「びわこ食堂」で滋賀県B級グルメとりやさい鍋を食べました!

旅の〆は「あねがわ温泉」で疲れを癒しました。

びわこ食堂から15分ほどの所にある「あねがわ温泉」へ行きました。
お湯もぬめぬめで良いし、温度もちょうど良くて、旅の疲れを癒せました。

さいごに

以上が、今回行った 彦根〜長浜、日帰り旅行プランでした。
彦根も長浜も観光地なのに、駐車料金が安くて助かりました。駐車料金ってボディブローのように効いてくるので、本当にありがたい。
混み具合も、ある程度覚悟をしていきましたが、大したことなく行きたかったところは全部行けたし、大満足の旅となりました!

created by Rinker
¥935 (2022/10/01 07:59:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥499 (2022/10/01 07:59:52時点 Amazon調べ-詳細)

Sponsored Link




シェアしてくれる嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です