ジムニー(JB64/JB74)|アピオ アルミATペダルセット 取り付け手順と取り付けのコツ!

Sponsored Link




アクセル&ブレーキペダルを純正からAPIO(アピオ)製のアルミニウム製クリアアルマイト仕上げに替えました。めちゃくちゃカッコいい!ってことでレビューしていきます。

他の方の取り付けレビューを見ていると、取り付け時にナイロンスペーサーがズレて、手こずりまくって30分以上かかってしまった!と、いうコメントを複数目にしましたが、ちょっとしたことで、すんなり交換完了しました!そんな交換のコツ(コツってほどでもないですけどねw)も含めて紹介したいと思います。

APIO アルミATペダルセットの交換手順と取り付けのコツ

必要な工具
  • 8mm スパナ
  • 3mm 六角レンチ
created by Rinker
トネ(TONE)
¥622 (2022/08/10 23:19:30時点 Amazon調べ-詳細)

ナイロンスペーサー取り付けのコツ

早速、交換していきます。説明書を見てみると、赤い四角で囲った「ナイロンスペーサー」の取り付けに苦労している方が多くいらっしゃるようです。
(ナイロンスペーサーがちっちゃいし、作業場所も狭いので、取り付け時にナイロンスペーサーがズレてしまって、悪戦苦闘する方が多いようです。)

ナイロンスペーサーの取り付け箇所は、

  • アクセルペダルには、4ケ
  • ブレーキペダルには、2ケ(下側のみ)

上の写真は、アクセルペダルです。予め、上側だけ、ボルト、ナイロンスペーサー、ステー、ナットをセットしておいて、車体のペダルに仮止めしてから作業を進めると、すんなりイケちゃいます!

交換手順

ブレーキペダルから交換してきましょう。

ブレーキペダルのみ、ゴムカバーを外します。ゴムカバーは、すんなり外れます。

先ほど、紹介した取付のコツ通りに作業するれば、すんなり取り付けができます。ここまで、5分ほどです。
締結(ボルト締め)のポイントは、1箇所のボルトを締め込んでいくのではなく、4箇所すべてのボルトを少しずつ締め込んでいきましょう!
(1本を8割くらい締め込んだら、他の3本も8割くらい締め込んで、その後 本締めしていくって感じです。)

続きまして、アクセルペダルを取り付けてきます。
アクセルペダルのステーは、左右長さが違うので注意してください。

取付完了! 作業時間は、15分ほどでしょうか。

アクセルペダルには「TEAM APIO」の刻印が。取付後は、ほぼ見えない(見ない)んですけど、こういう細かいとこがカッコいいんですよね。

見た目・使用感など

  • 目立たないけどカッコいい!!
  • 取り付けは、穴あけ加工不要で手軽に交換できてGood!!
  • 雨の日でも、滑ることがなくてグリップ力が爆上がり!!
  • よく分からないけど、乗るたびにテンションがプチ上がりww。

ってことで、簡単に交換できて、さらにはルックスも機能性も上がって最高!おすすめです。

AT用
MT用
ジムニーカスタム関連記事

ジムニー(JB64/JB74)のフロアマットは純正よりクラッツィオの方がおすすめ!

ジムニー(JB64/JB74)ボンネットの塗装保護に断熱マットを導入してみた!

ジムニー(JB64/JB74)初心者におすすめ!星光産業のキーホールカバー!

ジムニー(JB64/JB74)のデッドスペースを有効活用して収納力をアップするボックス!

Sponsored Link




シェアしてくれる嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です