エーモンの電工ペンチで余った配線をスッキリさせた!

Sponsored Link




ジムニーのクラクションを交換したのはいいけど、余ってしまった配線がダサい!ボンネットを開けるたびに気になる!ということでスッキリさせることにしました。

配線をスッキリさせよう!


余った配線をスッキリさせるために必要なモノは、電工ペンチと端子Amazonで物色していると、手頃なお値段で全てがセットになっている商品を発見!

created by Rinker
エーモン(amon)
¥1,298 (2021/06/21 13:02:22時点 Amazon調べ-詳細)


電工ペンチの他に主要な端子とスリーブがセットになっています。少し使う分にはちょうど良い。

必要なモノは手配できたので作業を開始していきます!今回も車いじりのプロ初心者の僕が優しく解説していきます。

1,配線をカットします


まずは余分な配線を電工ペンチを使ってカットします。パチン!

2,スリーブを入れる


スリーブを配線に入れます。向きを間違わない様にしてください。シュッとなっている方が根元です。

3,先端から5mmほど被覆をとる


この配線の場合は「2.0」の位置に挟んで、被覆をとりました。スポン!と、とれて気持ちいい!


気持ちよくて余った配線で何回かやりました。

4,導線をねじる


端子を入れやすいように導線をねじります。

5,端子を配線にセットする


端子のカシメ部分が2段になっているので、上の写真のように〈先端側は導線部分〉〈根元側は被覆の部分にカシメ部分がくる様にセットしてください。

6,導線側の端子をかしめる


仮カシメをしたあとに本カシメをします。そうしないとツメが折れます。なんとなくでやったら折れました。


導線側は、電工ペンチの〈1.25-2.0〉で軽く仮かしめをして、その後〈0.5-0.75〉で本かしめをします。

7,被覆側の端子をかしめる


導線側と同じ要領で被覆側もかしめます。被覆側は〈3.0-5.0〉で仮かしめをして、〈1.25-2.0〉で本かしめをします。

8,軽く引っ張って抜けなければ完成!


端子と配線を軽く引っ張って抜けなければ完成です!

配線がスッキリした!


ホーンと接続して作業終了! スッキリしたぁ〜

 

Sponsored Link




シェアしてくれる嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です