新型ジムニーにはカーメイトのドリンクホルダーが最適だった!

Sponsored Link




ジムニーって本当に車内の収納が少ない。もう少し快適にしたいなぁ、ってことで、ジムニー快適化を進めます。
第一弾は、ドリンクホルダー!カーメイトのジムニー専用のドリンクホルダーを装着してみました。もはや純正⁉︎って思ってしまうほどの統一感。
その様子をお届けします。

ジムニーのドリンクホルダー事情


ジムニーのドリンクホルダーは超微妙。運転席と助手席の間にしかありません。しかもちょっと後部座席寄り。口コミを見ててもかなり不評です。

カーメイトのドリンクホルダーが純正並みの仕上がりで最適!


今回、取り付けたのはこちら

カーメイトのジムニー専用(もちろんジムニーシエラもOK!)のドリンクホルダー。3000円ほどします。高い!でもジムニーとは長く付き合っていくつもりなので、少々お値段が張っても使い勝手も見た目も納得いくものを!と思って導入しました。

内容物とか取り付けに必要な工具


内容物は、写真の通りです。シンプル。

取り付けに必要な工具は、6mmの六角レンチ(必須)・ラジオペンチ(有ったら便利)

created by Rinker
エンジニア(ENGINEER)
¥245 (2021/05/10 22:11:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ケンオー(KENOH)
¥260 (2021/05/10 22:11:31時点 Amazon調べ-詳細)

取り付けてみた


六角ボルト風な純正のゴムキャップを外します。これは飾りでボルトにはなっていません。なのでどんだけ回しても緩まないので、ラジオペンチで引っ張って外します。(ラジオペンチの出番はここだけです)


カバーを外します。簡単に外れます。


ドリンクホルダーに両面テープが貼ってあるので、隔離紙をはがしてカバーに付けます。
注目してほしいのは、ドリンクホルダーとカバーの質感。一緒! ジムニー専用だけあります。


ドリンクホルダーの上部は、メーターパネルと同じ感じに合わせてあります。


六角ボルトで固定して、取り付け完成!質感一緒で、もうこれ純正品じゃん!って感じです。


ウインカーを操作するときも邪魔になることはありません。

ドリンクを置いてみた!


いい感じ!
容器のサイズに合わせて無段階のスライドウォールがあるので、紙コップのコンビニコーヒーを置いても動いて、中の飲み物がこぼれ出ることはありません。

気になるのは600mlのペットボトル。
600mlっていっぱい飲みたい夏場は嬉しいんですがドリンクホルダーに収まらず厄介なんですよね。このドリンクホルダーにはそんな心配は無用です。600mlもすっぽり収まります。言うことなし。快適!快適!

デザインも使い勝手も、満足できる一品です。

新型ジムニーに〈アウトクラスカーズ〉のシートカバーを取り付けたら乗り心地がよくなった!

このアウトクラスカーズさんのシートカバーもめっちゃ満足してます。

新型ジムニー(JB64)納車されて1週間ほど乗って感じたことまとめ

Sponsored Link




シェアしてくれる嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です