2021年用にロルバーンの手帳を買ったった!

Sponsored Link




今年の4月に立場が変わりまして、手帳を使うようになりました。手帳一年生ですw 。どんな手帳が良いのか分からず、取引先の方からいただいたA5サイズ手帳をそのまま使ってます。手帳2年生になる2021年は、自分で選んだ手帳を使うぞ!ということで、2021年の手帳を購入してみました。

手帳探し真っ只中の方の参考になるように、中身の紹介もしたいと思います。(アドバイスなどあればコメント欄にいただけたら幸いです。)

2021年用にRollbahn(ロルバーン)の手帳を買ったった!

今回、購入したのは雑貨屋さんなどでよく見かける〈Rollbahn(ロルバーン)〉の手帳です。色はダークグリーン。(この色がカッコよかった!)ロルバーンって海外の文房具メーカーかと思っていましたが、日本のメーカーらしいです。ちなみにロルバーンとは、ドイツ語で “滑走路” という意味だそうな。

A5サイズを買いました!

現在、使っている手帳はA5サイズ。自分的にはA5サイズがちょうど良く感じます。B5(ノートサイズ)以上だと持ち歩くのや、デスクに置いたときににデカい。A6だと書き込めるスペースが小さくて予定やMTGの内容や受けた指示内容を十分に書き込めない。(これは使い方が悪いのかも)ということで、今のボクの使い方ではA5サイズがしっくりきてます。よってA5サイズを選択しました。

中身はこんな感じ

1.10月始まり

2020年10月から始まって、2021年12月で終わります。だからもう使えます。来年まで待てない人にもおすすめw

2.月間バーチカルタイプ

月間バーチカルタイプ。正直、週間のバーチカルタイプかと思って買ったら月間だった。週間バーチカルタイプだったら時間ごとにスケジュールが書き込めるから、空き時間がわかりやすくさらに予定が立てやすくなる、と読んだ本に買いてありました。

ちなみに読んだ本は、「仕事が速い人の手帳・メモのキホン」著 伊庭正康

同じ著者の「できるリーダーは、これしかやらない」は、めちゃくちゃ勉強になりました。部下がいる人は絶対に読んだ方がいいです。

3.月間マンスリータイプ

定番のマンスリータイプ。カレンダーと同じように書き込めるため、一ヶ月通した予定が把握しやすい。

4.残りはメモスペース

残りはメモ帳。区切りがないので自由に使えるのもポイント。

何ページかわかりませんが、手帳のほとんどがメモスペース。これだけあれば一年間しっかりメモれると思います。

5.クリアポケットもあります

最後に、クリアポケットもあります。なにかと便利だと思います。

オプションも導入しました!

1年間快適に使うために2点、オプションを追加しました。

手帳カバー

汚れた手で使う場面があるため、専用の手帳カバーを導入しました。

created by Rinker
DELFONICS(デルフォニックス)
¥715 (2021/10/17 13:40:30時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
DELFONICS(デルフォニックス)
¥2,420 (2021/10/18 01:55:33時点 Amazon調べ-詳細)

ちょっと高いけど、こだわりたい方におすすめ

下敷き

下敷きにも、ペン挿しにも、しおりにもなって、有ったら便利かな、と思い買ってみました。

まとめ

新しい手帳を買って、来たる2021年にちょっとだけワクワクしています。上手い使いかたを模索しながら仕事の効率を上げていく所存。

Sponsored Link




シェアしてくれる嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です