SIGMA 45mm F2.8 DG DN を買いました!

Sponsored Link




2020年になって初のレンズ購入。しかも人生初のSIGMA。
これまで、このブログに掲載している写真のほとんどはSONYのFE 50mm F2.8 Macro で撮影していました。軽くてコンパクトで良い面もあるんですが、ジーコ、ジーコとAFが遅いんですよね。AFが遅い分、大事な瞬間を逃しているな、って思うことも多々あって今回、新しいレンズを購入しました。
購入に至るまでの顛末を報告します。

SIGMA 45mm F2.8 DG DN を買いました!

まず、結果から申し上げておきますと今回、購入したレンズは、SIGMAの45mm F2.8 DG DN
マクロレンズではないんですが、寄れるし、AFも速いし、買って正解!のレンズです。

とにかく軽くてコンパクト

簡単にこのレンズのスペックを紹介します。 ※上の写真は、なぜ中途半端に左によせて撮ったのか謎

  • 焦点距離45mm
  • 重量235g(軽い!)
  • 瞳AFにも対応している (ポートレートでは心強い!)
  • 最大径x長さ:64×48.2mm (コンパクト!)
  • フィルター径 55mm
  • 最短撮影距離 0.24m (寄れる!)
  • 最大撮影倍率 0.25倍

絞りリングの操作性も良い

レンズ側でF値を設定できる絞りリング。これを回すことでF値を変えられます。回すとカチカチと気持ち良いんです。便利かどうかは使う人次第ですが。もちろんカメラ側でF値を設定することもできます。僕は気分によって使い分けてます。

買い替えを検討し始めたきっかけ

年末に近所の方達とお餅つきをしたんですが、お餅のおいしさが伝わる写真を撮りたいな、と思ってSONY FE50mm F2.8 Macro を付けて行ったんですが、やっぱり主役は “人” 。生き生きした人の表情を残すには、それなりのAFの速さが求められるわけで、SONY FE50mm F2.8 Macro では正直追いつけない。大事な瞬間を撮り損ねてる!って思ったのがきっかけです。
それがきっかけで、AFがそこそこ速くて、そこそこ寄れるレンズを物色し始めました。

一年の〆は、町内のみなさんと餅をつきました。

ZEISS Batis 2/40 CF と迷った!

今回、購入した SIGMA 45 F2.8 DG DN と最後まで迷ったのが、ZEISS Batis 2/40 CF です。

created by Rinker
Carl Zeiss
¥142,555 (2021/08/04 17:23:12時点 Amazon調べ-詳細)

僕はZEISSが好きだからSONYのカメラを使ってることもあって、非常に惹かれた。一度は、これ買おう!って決めたんです。でもひとつ気になる点があったんです。
それは近接撮影だと、勝手にF値が絞られること。撮影者の意図が反映されないレンズはいかがなものかなぁ。購入前に気になる点があって、値段が値段だけに踏み切れず。

まとめ

まだ今回購入した SIGMA 45mm F2.8 DG DN では、十分に撮影できていませんが、試し撮りした感じでは、最短撮影距離0.24mと寄れるのでテーブルフォトでも使えるし、AFも速く瞳AFにも対応しているので、ポートレートにも使えそう。
45mmという、焦点距離もポートレートにもスナップにもテーブルフォトにも使えてナイス!これ1本でだいたいのことはいけちゃいます。万能レンズって感じです。

Sponsored Link




シェアしてくれる嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です